はるきの沖縄日和

食べ歩き好きの沖縄人ライター・はるきがお気に入りのお店を紹介。地元ならではのディープな情報もアリ!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソーキそば

久々に長期でブログを休んでしまいました。先週1週間は殺人的なスケジュールで、文字通り沖縄本島を北から南まで走り回っていました。
その代わり、ネタはいろいろ仕入れてきたので、今日からどんどん紹介していきますね。

さて今日は本部の有名なそば屋さんのひとつ「山原そば」を紹介します。

山原そば 

実は、山原そばってまだ食べたことなかったんです。お店の前までは何度か行っているのですが、いつも売り切れなんですよねぇ。ここは平日でもお客さんがたくさん並んでいて、だいたい13時半から14時頃には売り切れてしまいます。いくらうちなーんちゅが行列嫌いでも、ここは並ばないと絶対そばを食べられないんです。
今回は頑張って早起きをし、桜&プロ野球キャンプ見物のための高速渋滞に巻き込まれながら、なんとか13時過ぎに到着。40分ほど待って、無事そばを食べることができました。 

ソーキそばが運ばれてくると、甘い醤油の香りがぷ~んと漂ってきて、胃を刺激。しっかり味付けがされていて、味クーター好きにはたまらない。
ソーキそば(大)700円・(小)550円ってちょっと高いと思っていたのですが、ソーキが5個もドドーーーンとのっていて納得。

三枚肉そば 

三枚肉そば(大)600円・(小)450円の三枚肉も、同じように味クーターで、美味しそうな香りにやられてしまいます
脂が結構しっかり入っているのでこってりしているように思えますが、食べてみるとしつこくなく、意外にあっさり。昔ながらの優しい味わいのあるスープも最高でした

30年間変わらぬ味を守っているご主人は、いつも20人前ずつスープを作っているそうです。大きな鍋に大量に作ると、時間が経つと煮詰まって味が変わってしまうからだそう。「このやり方が正しいかは分からないけど、もうずっとこのやり方だから」と話していました。
毎日開店前と閉店後に自分が作ったそばを食べ、味の変化がないかチェックしているそう。職人って感じですねぇ。

並んでも食べる価値アリ度 ★★★★
昔懐かしい沖縄そばの味度 ★★★★★
ソーキのボリューム度 ★★★★★

「やんばるそば」
沖縄県本部町伊豆味70-1
TEL:0980-47-4552
11:00~売り切れ次第閉店

山原そば

人気blogランキング ←沖縄の人気blogランキングが見れます。私のやる気とランクアップのために、ポチッとお願いします。

 特産品2人前:ソーキそば
1,260円(送料別)

 沖縄そば
バラエティー6食セット
通常価格 1,848円
 ⇒1,770円(送料別)

 ソーキ
(豚バラ軟骨煮込み)大350g
通常価格1,500円
⇒1,575円(送料別)

コメント
この記事へのコメント
いつも楽しく見させて頂いているやまとんちゅです。年に3~4度沖縄に訪れます。山原そば 12月に行きましたー。並ぶのが嫌だったので開店前に行ったら結構早く入れました。ソーキが美味しかった記憶が有ります。個人的には南部の玉家そばのてびちそばが好きです。 これからも、美味しいモノたくさんのっけてくださいね!とっても参考にしています♪ 
2007/02/05(月) 16:22:56 | URL | koregusu #-[ 編集]
>koregusu

koregusuさん、初コメントありがとうございます。

私も玉家のそば大好きです。あっさり上品なスープは、最後の一滴まで美味しいですよね。
今週からまた頑張ってブログ書いていきますので、楽しみにしていて下さいませ。
2007/02/05(月) 17:19:57 | URL | はるき #-[ 編集]
>masa

定休日なのは残念でしたね。
きしもと食堂も有名老舗店ですよね。本部のそば街道はたくさんお店があるので、ひとつずつ制覇したいと思ってます。

私は帰りに新垣ぜんざいに寄ったら、ちょうど閉店準備をしていて、今回は食べられませんでした…。
きしもと⇒新垣は黄金コースですね。
2007/02/06(火) 10:32:30 | URL | はるき #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://okinawabiyori.blog82.fc2.com/tb.php/111-7141acd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
沖縄 :グルメ :旅行 :観光 :リゾート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。