はるきの沖縄日和

食べ歩き好きの沖縄人ライター・はるきがお気に入りのお店を紹介。地元ならではのディープな情報もアリ!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

登り窯

読谷のやちむんの里です。上の写真は登り窯。観光スポットとしても有名ですが、実は初めて行ってきました。

やちむんの里は、多くの陶工たちが工房を構えるエリア。
昔、読谷村には「喜名焼(きなやき)」と呼ばれる窯場があったそうですが、首里王府の命令で那覇・壺屋に各地の陶工が集められたそうです。壺屋のやちむん通りは、今でもやちむん(焼物)の町として有名ですよね。
喜名焼は1682年以降に途絶えてしまい、沖縄最古の刻銘のある「厨子甕」などの製品や窯跡が残されているそうですよ。これは時間がなかったので見学できませんでしたが、次回見てみたいです。

さてさて、現在は読谷村内に50近くの窯元が集まってきているそうです。読谷は焼物で有名なのはもちろん知っていましたが、こんなにたくさんあるとは思ってもみませんでした。

本土復帰した1972年に、金城次郎(のちの人間国宝)が壺屋から読谷村に移住したそうです。その後、4人の陶芸家が軍用地の跡地利用として「やちむんの里」に集まり、1980年に共同登り窯を造って、「読谷山焼」作りを始めたそうです。ちなみに、読み方は「ゆんたんざやき」です。「ゆんたんざ」は読谷村の昔の呼び名である「読谷山」です。
1992年には、ここで修行を積んだ若手陶工4人が読谷山焼「北窯」として独立。現在、やちむんの里には読谷山焼や読谷壺屋焼の14工房があり、中には見学できたり、ギャラリーで作品を販売している工房もあります。

工房

工房

上の写真は色付けをしているところのようです。見学する際は、作業の邪魔にならないように注意
里内はきれいに整備されているし、赤瓦屋根の建物が点在しているので、散策してもとってもいい雰囲気。各工房をゆっくり回っても楽しいですよ。

読谷山焼売店

そして、読谷山焼の共同直売店もあります。4つの工房の作品がたくさん並べられていて、手頃なものから高価なものまで様々。
4工房の作品が並んでいると、それぞれの工房によって特徴があるのに気付きます。とても素朴な感じのするものや上品で高貴な雰囲気のあるものなど、TPOで使い分けたい感じがします。マグカップやお茶碗、お皿など、かわいい作品もありました。値段も300円くらいからあるので、お土産にもいいですよ。

読谷山焼

読谷山焼

読谷山焼

読谷山焼

散策にぴったり度 ★★★★★
お土産をゲットしたい度 ★★★★★
温かみのある器をお家でも使いたい度 ★★★★★

「読谷山焼読谷山窯共同直売店」
沖縄県読谷村座喜味2653-1
TEL:098-958-4468
11月~3月 9:00~17:30
4~10月 9:00~18:00
*12:00~13:00閉店
火曜日休み

やちむんの里

人気blogランキング ←沖縄の人気blogランキングが見れます。私のやる気とランクアップのために、ポチッとお願いします。

金城明光作
限定読谷山焼き塩壷
海洋深層水100%
天然粗塩550g入
当店通常価格10,000円
⇒9,450円(送料込)
沖縄琉球雑貨焼物
やちむんシーサー
12,600円(送料別)
ごはん茶碗
1,050円(送料別)
中深皿12cm赤
630円(送料別)
泡盛グラス 青
1,575円(送料別)
カラカラ 魚
2,625円(送料別)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://okinawabiyori.blog82.fc2.com/tb.php/135-fd48e4d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
荒焼(あらやち) 2升壺 金城秀義
2007/03/21(水) 08:49:06 | 沖縄!シーサー陶芸体験工房
沖縄 :グルメ :旅行 :観光 :リゾート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。