はるきの沖縄日和

食べ歩き好きの沖縄人ライター・はるきがお気に入りのお店を紹介。地元ならではのディープな情報もアリ!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恩納村の万座毛入口近くに、恩納ナビーの歌碑が建っています。恩納ナビーとは、18世紀の初め頃に恩納村で活躍したといわれている女流歌人。その存在はまだ確実に証明されてはいないのですが、ナビーの生家といわれる場所や数々の歌が残っていて、彼女の大らかで率直な歌は今でもファンが多くいます。

20090927_04.jpg

内地の短歌と違い沖縄の琉歌は、島くとぅばで8・8・8・6で歌われ、通称386(さんぱちろく)と言われています。

恩納村役場の向かい側、恩納公民館裏の住宅街にひっそりと建っている「恩納松下の歌碑」に書かれているのは、「恩納松下に禁止の碑の立ちゅす恋忍までの禁止やないさめ」という歌。
「恩納番所(役所)の前の松の下にいろいろな事を禁止する札が立てられているが、まさか恋をしてはいけないという事までは書いていないだろう」という意味。

20090927_01.jpg

この歌碑は昭和39年に建てられました。歌碑の後ろには恩納岳を望み、隣には勇壮な松の木がありますが、この松の木は当時のものではないそう。でも、隣にあるこの切り株が当時の松だそうです。

20090927_02.jpg

恩納村では、歌碑を巡るツアーや毎年行われる琉歌大賞など琉歌に関するイベントが盛んで、ナビーをかわいいイラストにし、琉歌の里として盛り上がっています。
恩納村博物館には「恩納村文化財案内人道の会」というグループがいて、沖縄初の国指定史跡「国頭方西街道」や歌碑などの史跡・琉歌巡りを行っているそうです。案内もしてくれるそうなので、興味のある方はぜひどうぞ。

恩納村の文化に触れる度★★★★★
島言葉に触れる度★★★★★

「恩納松下の歌碑」
沖縄県恩納村恩納2594


大きな地図で見る 

人気blogランキング ←沖縄の人気blogランキングに参加していますので、ポチッとお願いします。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://okinawabiyori.blog82.fc2.com/tb.php/367-6498d206
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
沖縄 :グルメ :旅行 :観光 :リゾート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。